どうもSUです!

 

今回は、2019年2月に訪れた

ロシアのウラジオストクについて

みなさんにざっくり紹介したいと思います。

 

今回は、

成田空港第1ターミナルからS7航空という、

ワンワールド加盟のロシアの航空会社の便を利用して

ウラジオストクへ向かいます。

 

この時のフライトレビューを、

私のチャンネルでアップしていますのでぜひ合わせてご覧ください。

 

ということでフライト時間はおよそ2時間。

動画内では紹介していますが機内食も出てサービスは普通かな。

 

ただ、座席はLCC並みに狭い!!w

まぁ短いフライトなんでOKです。

 

ということであっという間にウラジオストク国際空港へ到着。

思っていた以上にキレイで近代的な空港やん!w

 

過去に、同じ極東ロシアのユジノサハリンスクへ行った事があり、

サハリンと比べるとかなり大きな空港でした。

 

到着ロビーには、大きなマトリョーシカがお出迎えです。

この写真を見て、自分がマトリョーシカと見間違えたw

 

空港内には、スタバやマックはありませんが、
カフェや軽食を食べる事ができるレストランもたくさんあります。

 

写真は、帰りに朝ごはんで食べたピロシキとピザです。

 

ピザ?あーそうそう。

ロシア入国にはビザが必要です。

 

ピザで思い出したのですが、

ロシアへの入国に関する手続きは少しだけ手間がかかります。

 

一般的に外国に入国する場合でビザがいる場合は、

一度申請すればその国を周遊する事ができますよね?

 

しかし、ロシアではそうではありません。

ロシア国内のエリアごとにビザが必要になります。

 

つまり、モスクワへ行って帰りにシベリア鉄道でウラジオストクまでという旅行なら、

モスクアエリアのビザとサハリンやウラジオの極東エリアのビザの2種類申請しなければなりません!

 

しかも、極東エリアのビザ有効日数は8日間です。意外に短いのです。

 

最近では、電子申請ができるようになったので、

わざわざ大使館に行かなくてもロシアビザは取れますよ!

リンク貼っておきます!

ロシア大使館電子ビザ申請

 

 

ちなみに、

ウラジオストクの国際線エリアには、

プライオリティパスで入れるラウンジがあります。

 

ラウンジ内の写真をあいにく撮影していませんでしたが、

私のYouTubeでレビュー動画がありますので気になる方はチェックしてください。

 

 

正直、滞在時間が40時間くらいであまり観光はできなかったですが、

街は『完全なヨーロッパ』と言ってもいいくらい西洋感溢れる街並みで、

物価も安く時差も日本とは1時間なので日本人ウケする旅行先として

非常にオススメでした!

広場にある戦車と記念撮影したり、

インスタ映えスポットに行ったりとゆるく観光しました。

 

この旅は2019年の2月の話ですが、

これから過去の旅行についても紹介していこうと思ってます。

もちろんリアルタイムでの更新もしますよー!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。